image3




ネイルサロンのクレーム対応




ネイルサロンをやっていると

やっぱりクレームは出ます。

これは仕方がない事です。

とは言っても

クレームにも2種類ありますよね。

お客さんがお店の為に言ってくれるありがたいクレーム。

と、

ただのイチャモン的なクレーム。

お客さんがお店の為に言ってくれるクレームは、

本当にありがたいのでそこは素直に改善すればいいでしょう。

「ありがとうございます。」という気持ちで。

しかし!

タチが悪いのが、イチャモン的クレームです。

なんですかね~。

あれって。

特にネイルサロン業界には多いと思います。

いわゆる嫌がらせ。

他のネイルサロンからの刺客でしょうか?

どう考えても そのようにしか思えない。

イチャモンの付け方がプロっぽいんですよね。

ネイルのやり直しとかじゃなくて、

ほんのりとお金を請求して来る場合もあります。

面倒ですよね。

こういうお客さんは、

最初から予約を取らないのが一番良いのですが、

分からないですもんね。

残念ながら。

この様な人のクレーム対応をすると

心底疲れますしね。

私の場合は、基本的に事務的に処理するようにしています。

決して感情的にならずに

無理な事はムリとしっかりと、

はっきりと伝えます。

こちらが弱腰になると

どんどん攻め立ててきますので。

相手は、お金を払うお客さんではないので、

そこはガンガンやり合って良いと思いますよ。

それも冷静に。

イチャモン系のクレーム対応は、

とにかく毅然とした態度で、

弱腰にならない事です。

絶対にお金なんて払ってはダメですよ。

こちらからお金を せびろうとしている人は

お客さんではないので

丁寧に対応する必要もありませんしね。