料金設定

施術料金は慎重に決める必要がある。

この施術料金によってお店が成功するか、しないか決まると言っても良いだろう。

小さな個人ネイルサロンこそ高単価設定にするべき

個人の小さなネイルサロンを始めるなら、絶対に低単価設定にしてはダメ。

個人店こそ、高単価設定にしなければ絶対に失敗する。

なぜなら、大型サロンに比べて集客力が圧倒的に弱いからだ。

大型店は、ネイリストを多く抱えて人数をこなすやり方。

これはネイリストが多くいるから出来る事。

薄利多売だ。

しかし、小さなネイルサロンでは客数をこなす事は不可能なのだ。

それで低単価設定にしていれば、売り上げはずっと低いままになる。

お店が忙しくなっても思っている以上に売り上げは上がらず・・・

これが最悪のパターン。

忙しいのにお金が無い。

例えば、美容室

高級店と1000円カット。

1000円カットの場合、100人のお客さんをこなしても売り上げは10万円。

しかし、青山にある超有名美容室。

カット料金は8000円。

13人のお客さんをカットするだけで、10万4千円の売上になる。


これからのビジネス

もう薄利多売は流行らない。

1人のお客さんを大事にして何度も来店して貰えるようにする必要があるの。