image




お店のターゲットを絞り込む

どんなお客さんに来て貰いたいか?

まずは、そこを決めましょう~。


いわゆる、ターゲティングですね。

これが定まっていないと何とも中途半端なお店になってしまいますので。

特にネイルサロンの場合はね~。



例えば

ゴテゴテネイル系とか

シンプルOL系とか

キャバ嬢スタイルとか

美容師、アパレル系の人向けとか。

主婦向けとか、

高齢者向けとか。

ざっくりとですが、こんな感じでとにかくターゲットを絞りましょう。

これって結構大切なんですよ。


ここを曖昧にしていると、お客さんは増えませんからね~。



どうやって絞る?

一番良いのは、最も多い客層をターゲットにする事なのですが

そこにはライバルを多いので・・・

何とも言えない部分がありますが。



まあ、その辺はネイルサロンを出店したい地域の事を調べればなんとなく分かると思います。


後は、自分が得意とするターゲットですね。

これが一番ストレスなく仕事が出来ますからね~。


OLシンプル系が得意な人が、

キャバ嬢スタイルをターゲットにしたら大変ですよー。

それこそ、ストレスを抱えながら仕事をする事になりますのでね~。


「全部出来ます!」

って言いたい気持ちは分かります。

でも、それって

「全部中途半端です!」

って言っている様なものなんですよ。


ターゲットを絞らなければどうなる?

ターゲットを曖昧にしていると、

ただただ、暇なお店になっちゃいますよ。


全部の客層をターゲットにして、

総取りしたい気持ちは分かりますがね。

そう上手くいきませんから~。



それじゃダメなんです。


なぜなら?

自分がお客さんになった時の事を考えてみて下さい。


美容室でも、

飲食店でも、

娯楽施設でも。


何を基準に選びますか?






ハリ・ツヤ実感!馬プラセンタのエイジングリペア