自宅で本格脱毛器「ケノン」公式ショップ!







image



ネイルサロンを経営していると、やっぱりあります。

クレーム。


こればかりは仕方ないですね。



また、客質によってはかなり悪質なケースもあります。


もちろん、こちら側のミスなら素直に謝るべきでしょう。



でも、そうではない場合もあります。



これが厄介なんです。




ケースとしては、


・デザインが気に入らないから返金しろ

・ちょっと施術時間、待ち時間がおすと、「時間分の慰謝料を払え。」

・爪が荒れたから、治療費を払え!



‥など。


もちろん、こちらのミスなら治療費などは支払います。

その場合、その場で払うのではなく、

診断書などを貰ってきた場合のみ支払うようにします。



治療費詐欺なんてありますからね~。




ちなみに、保険には入っておいたほうが良いですよー。

やっぱり、安心ですから。






悪質なクレームについては、

私の場合、反応しないようにしています。



相手は、反応次第で次に何をするか判断しますので。


しかし、無反応なら相手はどうしようも無いのです。




「警察に行くよ!」

「訴えるよ!」


って言われても無視です。



そもそも、警察に行っても警察は事件でもなければ対応しません。

民事不介入ですからね。


逆に相手側が暴れたり、脅し文句を言うようなら、こちら側が警察に行きましょう。


・暴行、器物破損、恐喝などに値しますので。







また、訴えると言われても、大して慰謝料を取る事も出来ませんのでご安心を。


相手側は、時間も無駄になります。




訴えるという事は、裁判所に訴える訳ですよね。

そして、どちらが間違っているか?判断してもらう訳です。



で、こちらに過失があるか無いか、判断してもらう訳です。



どう考えても、過失がなければ慰謝料を支払う必要もありません。

それに、「支払う」という判決が出ても、

たかが知れています。


高くても、数万円程度です。




相手に掛かる負担は、慰謝料以上のモノになりますからね。



弁護士費用や、裁判所に通う手間、時間。




それに、

「訴える!」

って言う人に限って訴えませんから大丈夫ですよ。



訴えても、損するのは相手ですからね。





まあ、とにかく面倒な客っています。


というか、そんなややこしい感じになっている時点で客ではないのですがね。




自分のお店に、

この様な変な客を呼び込まな為にも、

ホットペッパーなどに広告を出してダメですよー。



安い客が増えると、面倒も増えます。


安い客のほうが、うるさいですからね~。


これは、あなたも分かっていると思います。







逆に良質なお金持ちの客を増やす方法を考えましょう。



すぐにドッと増える事はありませんので、

しっかりと徐々に増やしていきましょう。



やっぱりネイルサロンは紹介制が良いと思いますよー。



良質な客は、ネイルサロン繁栄に大きく貢献してくれますからね。





自宅で本格脱毛器「ケノン」公式ショップ!