image15


もし、ネイリストを雇うなら

給料を支払う必要があります。


さ~て

いくらに設定しますか~?

迷いますよねー。


安過ぎたら、ネイリストが集まらないし・・・

高すぎたら経営が厳しくなる・・・


おお、難しい。


そんな事を考えると

やはり標準的な給料に

収まるんですよねー。


スタート時は

20万円。


+歩合給や

貢献度に応じて昇給、

みたいな感じで。


結構

曖昧な感じになってくるんですよね。


まあ、それでも

ネイリストさんが

文句も言わずに働いてくれればいいのですが。

そうもいかないのが

ネイルサロン。



最近のネイルサロン業界と言えば

完全な安売り競争に突入しています。

お店は忙しくても

利益が出にくい状況が・・・


でも、ネイリスト側からしてみれば

お店が忙しいから

利益も出ているだろう~

と勝手に思い込んでしまうんです。


そこで、給料UPを言い出します。

でも、オーナーとしては

利益が出ていない事を正直に

話します。


するとネイリストは、

「こんなに頑張っているのに、たったこれだけの給料なら辞めます。」

と言ってお店を去っていくのです!


今のネイルサロン業界は

完全なネイリスト不足です。

ネイリストは、それを知っています。

特にデキるネイリストは。


だから、ドンドンお店を変わって

給料UPを狙っています。

まあ、これは

賢い選択だと思います。


私も、雇われネイリストなら

同じようにしたと思います。


でも、経営者側に立てば

色々と大変なんですよねー。

それが、徐々に分かってくるんです。


いや~、

給料の額を決めるのは大変ですよ~。

適正な給料額っていくらなのか??




正直な話

自分が儲けたいから

ネイルサロンを開業した訳で

なにも

従業員の為に!

ネイリストの為に!

とか考えた事は無いですねー。

これは本音です。


スタッフなんて、所詮は赤の他人です。

スタッフに対してそこまで

思入れもありませんからね~。


逆に、スタッフだって

そんな事、望んでいないと思います。

結局、お互い納得できる

金額でやり取り出来れば

それで上手くいくのだと思いますけどね。




まあ、そんな事

正直に従業員には

言えませんけどねー。