image18 


以前

完全歩合給の

ネイルサロンを出店していた。


過去形と言う事は、

もう、無いと言う事だ。


残念ながら・・・


まあ、今思えば

上手くいくはずもなく

早めに閉めておいて

良かった。


完全歩合給なので

給料という形で

毎月決まった金額の

お金を払う必要が無かった。


経営者側としては

とてもありがたかったのだが。


まあ、でもね~

そんなやり方が

上手くいくはずもなく。


もちろん完全歩合給なので

本当に稼ぐネイリストは

かなり稼いでいた。


が、稼げないネイリストの

ほうが多いワケで。


完全歩合制のネイルサロンだと

・お客さんの取り合いが発生する。

・報酬に差が出過ぎる。

・お店側は、ネイリストを時間での拘束が出来ない。


まあ、色々と面倒な事が多かったですね。

絶対に失敗するとは言えないですけど

完全歩合制のネイルサロンは

止めておいたほうが良いと

思いますね。

実体験として。



一番の苦労は

やはり

集客だったんですけどね。

ほら、

お客さんをドンドン呼ばなければ

ネイリストの仕事がなくなるワケで

そうなると

報酬も発生しないワケで

ネイリストが生活できなくなってしまうワケで

まあ~

大変ですよー。